真珠核メーカー今井製核

世界が認めたFNCバイオ核

IMAI SEIKAKU HOME >  事業案内 Business Prospectus  > 世界が認めたFNCバイオ核
  • FNC-αバイオ核・FNC-クリアバイオ核

    FNC-αBio Nucleus・FNC-Clear Bio Nucleus
    FNC-α Bio Nucléus・FNC-Clear Bio Nucléus
    Inti FNC-α Bio・Inti FNC-Clear Bio

人智の及ばざる所に作用するフィブロネクチンの効果は真珠の品質と歩留まりの向上を実現しました。 FNCは世界初。真珠核の表面に、真珠養殖に有効な有機物質をコーティングするというまったく新しいシステム。
※諸注意
バイオ核・バイオコーティング核という総称の類似品、もしくはコーティング処理を施した特許侵害の恐れのある商品には、くれぐれもご注意ください。当社の商品とは全く関係がありませんので、その点重ねてご注意ください。
FNC

特許取得済(NO.62309272)登録商標取得済

  • 1. FNCバイオ核(特許取得済 PAT NO.62-309272)

    FNCバイオ核

    従来の他社製のバイオコート核と異なった特殊な成分を数種類配合し、アメリカ(ケンタッキーレイク)の最高級原貝を使い、当社において厳しい製品管理のもとで生産された優良真珠核の表面に、イオン化結合の強力な結合力によりコーティングされたFNCバイオ核。
    それは、生殖巣の中で長期間、特殊成分が良質真珠と母貝の健康な成長のために働き続ける未来型の真珠核です。

  • FNCバイオ核表面と普通核表面の細胞の付着状態の差

    (1) 核表面の無数のフィブロネクチンを足場として細胞が密集して早期に付着している。
    (2) 普通核では細胞が粗く付着が少ない。

    ※下記画像は、アコヤ貝の血液を核に滴下10分後、顕微鏡100倍で撮影した画像になります。

  • FNCバイオ核細胞

    FNCバイオ核

  • 普通核細胞

    普通核

FNCバイオ核表面と普通核表面の細胞の付着状態の差

表
  • フィブロネクチンとは何か?

    本来フィブロネクチンとは動物の体内で産生される物質で、真珠養殖用貝類にも産生されます。
    世界中の医療現場で使用されており、主に細胞を接着する糊のような役割りをします。
    動物の血液や骨髄より採取したタンパク質で細胞接着性糖タンパク質という液体です。
    近年、世界の医療現場ではフィブロネクチンは無くてはならないタンパク質といえるでしょう。

  • フィブロネクチンを核にコーティングするという発想と目的とは?

    人体手術では、細胞接着性糖タンパク質の特性を大いに活用し、早期回復をはかるために使用されます。
    真珠養殖もまた細胞接着のいかんにより、きず珠、くず珠、優良珠の出現を左右し、また、ヘイ死率にも大きな影響を及ぼします。
    フィブロネクチンの効果で優良真珠袋を早期に作り、また、核の表面に無数の足場を作ることにより、急加速度的に真珠層を形成させるのが本来の目的です。

  • 2. ロングライフピース(細胞活性剤)

    細胞液

    貝の身体の一部であるピースを切除した瞬間から、ピースは衰弱、死滅、そして腐敗します。このロングライフピースはバイオテクノロジーの力により、ピースが生存するために一番必要なエネルギー源を主成分とし、切り取られたピースに繁殖するバクテリアによる炎症を抑えます。

    また、ロングライフピースを点滴化したピースが生殖巣内に入ったとき、それは核の表面で早期に真珠層を巻き上げるために活発に成長(活発に細胞分裂)し続けます。

    研究の結果、ロングライフピース液中でピースは一週間生き続けることが可能です。
    そして、施術時のパールサックの切傷の回復も従来(他社製の細胞活性剤)より早く治癒しました。

PAGE TOP

- その他、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください -